SSブログ
前の10件 | -

忘れてはいけない2 [企画・思考]

忘れてはいけない2
コロナ禍の早期終息を願う。
最近、決して少なくない国々がコロナ対策の成果を表明している。
それについて、一つ思うことがある。
「死者を出しても、成果なのか」
ということだ。
 

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 

忘れてはいけない [企画・思考]

忘れてはいけない
コロナ禍の終息を願う。
改めて感染者の推移グラフをみた。
朝日新聞に毎日掲載されているデータを棒グラフ化したものだ。
感染者の推移.pdf
忘れてはいけないと思うことがある。
それは、2月20日に、小学校の校長をしていた私は、
東京方面の社会見学を中止する判断をしたことだ。
その日の前後の感染者発生数は、グラフをみればわかる。
ほぼ10名を下回っていたのである。
 

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 

目標8割を達成するには [企画・思考]

目標8割を達成するには
毎日、コロナ感染の終息を願うばかりである。
願いつつも、気ににあることがある。
それは、「緊急事態を5月6日までに終えるためには最低7割、極力8割の接触削減をなんとしても実現しなければならない。・・・」ということだ。
私の勤めた学校では、かつて到達度評価の考え方を通知表の根拠として採用していた。
それが、「できる」評定の到達基準8割であった。
わかりやすく述べるなら、100点満点のテストで80点以上とれれば「できる」を
つけていたのだ。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 

「味噌汁・ご飯」授業研究会の記事を書いています [「味噌汁・ご飯」授業研究会]

「味噌汁・ご飯」授業研究会の記事を書いています
最近は、Facebookを試用して「味噌汁・ご飯」授業研究会の投稿欄に記事を書いています。
よかったらお読みください。

https://www.facebook.com/pg/miso.gohan/posts/?ref=page_internal

また、現在、「味噌汁・ご飯」授業研究会のWebサイトを準備中です。
nice!(2)  コメント(0) 

板書をノートに写す [企画・思考]

板書をノートに写す
板書したことを「ノートに写しなさい」と指示する。
見た事をそのままノートに転記するのだから、こんな簡単なことはない。
私はそう考えることに何の疑問も持たなかったのかもしれない。
校内のある先生が、算数の宿題を出した。
その日教えた教科書の問題をそのままプリントに書いて宿題にしたという。
子供の感想は、意外なものだった。
「先生、同じ問題でもプリントの方がやりやすい」
算数が苦手な子を中心に、そう述べた子が多かったのである。

 

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 

見落とされてきた?いじめ防止策の急所 [企画・思考]

見落とされてきた?いじめ防止策の急所
2019年10月に起きた、教師によるいじめ事件は凄惨なものであった。
いじめ防止担当の教師がいじめを積極的にしていたという常軌を逸した行動であった。

今回の事件から、まず学ばなければならないことは何だろうか。
和久田学「学校を変える いじめの科学」から学んだことが大いに参考になった。
 

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 

道村静江先生にお目にかかる [その他]

道村静江先生にお目にかかる
8月13日、午後。
道村静江先生にお目にかかった。
道村先生は「ミチムラ式漢字学習法」を開発された方だ。

 

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 

授業改善の方法 [企画・思考]

授業改善の方法
本当に久しぶりの更新です。
このところ、改めて「日常授業改善」について考える日々です。
改善のための視点をシンプルに考えてみました。
次の2つです。
 

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 

ツールが世の中を変える [企画・思考]

ツールが世の中を変える
ツールが世の中を変える。
最近つくづく思うことです。
誰にも言われなくても、いつの間にか使っている携帯デバイス。
電車の中の様子も、街の様子も、寝床の様子も?すっかり変えてしまった。
「で、何が変わったのか」
そう考えるこの頃です。

nice!(3)  コメント(0) 

教師の1年目の教科書 [その他]

教師の1年目の教科書
野中信行先生が「教師の1年目の教科書」(学陽書房)を上梓された。
私のところにも1冊ご送付くださった。
61HbWp9Ne7L._SL260_.jpg
一週間もしないうちに、重版との知らせが入った。
嬉しい限りです。
さて、肝心の中身はということ、次の6章からなっている。
・序章 最初の1か月で身につけたい仕事のきほん
・第1章 必ずやっておきたい新年度・新学期の準備
・第2章 ここだけは押さえたい学級経営のコツ
・第3章 新任でもできる授業・指導のコツ
・第4章 クラスがまとめる子どもとのコミュニケーション
・第5章 新任だからできる保護者とのかかわり方

お読みいただければわかると思いますが、極めて平易な文章でわかりやすく
述べられています。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
前の10件 | -